民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

冒険家山川『近代国家シンガポール男旅vol.5 悪夢再び・・・』

 

どうも

 

 

 

冒険家山川です。

 

 

 

本日はシンガポール男旅第5弾!

 

 

恐怖の高層ジムでのジム活を無事!?終えた一行は5階にあるプールでクールダウンをすることに。

 

そのプールがこちら!

じゃん!

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501013752j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501013845j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501013915j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014005j:plain

とてつもなく広いです!しかもシャレオツー!

ざっと50mはあるかと。

 

残念ながらあまり恵まれない天候となりましたが意地でも入る筆者

この時午前10時、写真では日が出ているものの、水はキンキンです。

 

久々に『寒い』を体感する北海道出身カンボジア人風日本人

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014031j:plain

ブログ用にと気合いでプール感ある画像撮影に勤しみます。(実はこの時寒さで震えています)

 

すると昼に近づくにつれて日が出て、ポカポカ日和に。

気持ちよく泳いだところで、ジム活より睡眠を優先したヒデさんと合流し、ワカさんおすすめ、近くのシンガポール名物『海南(ハイナン)チキンライス』の名店でランチです。

 

 

それがこちら『威南記鶏飯餐室』さん。全く読めません。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014130j:plain

来店12時前にも関わらず、すでに中華系を中心に満席状態です。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014418j:plain

運よく待ち時間なく入店できた我々は、『蒸し』と『焼き』のチキンライス、ほうれん草の炒め物、鶏スープをそれぞれ注文。

 

待ち時間もなくすぐに料理が着地!

 

ドン!

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014203j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014232j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014341j:plain

タイのカオマンガイに似たような感じです(というかそのものです)。鶏がしっとりプルプルで激うまでした!ご飯とも良く合い、食が進みます!

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014320j:plain

スープは甕サイズ。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014515j:plain

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014630j:plain

さて、シメにビールまで飲んで記念撮影をして午後の目的地、セントーサ島に向かいます。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014550j:plain

セントーサ島には水族館、USS(ユニバーサルスタジオシンガポール)、など観光には外せないスポットが盛りだくさん。

 

30歳over男子旅だろうが、精神が10代でキッズものに目がない筆者の強い強い強い要望により、ビーチ、水族館、ゴーカートのアトラクションに望みます!

※キッズもの好きエピソードはこちら↓ 

www.zapartner-kh.com

 

 

ビーチは13年前行った時になかなか綺麗な印象でしたが、思ったより輝きはなし。故に画像はなし!すんません。

 

 

お次はこちら『スカイラインリュージュセントーサ』

 

参考画像はこちら。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501015308j:plain

一見、家族で楽しめる子供向けアトラクション!恋人ともどうぞ感溢れますが、そんなことはありません!断じてなかった!

実はこのスカイラインリュージュ、悪魔のようなアトラクションだったのです・・

 

 

 

山の上までリフトで登り、上からゴーカートで坂を下るシンプルなものです。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014728j:plain

北海道出身でスノーボードをやる筆者は、リフトの経験がない2人に簡単にリフトの乗り方を説明をしてドヤぁー!ドヤ顔をかまします。

 

ところが筆者の味方だったはずのこのリフトが我々に牙を剥いたのです。

 

 

無事着席した我々のリフトはグングン上昇。

 

最初は、リフトはこんなもんだ。とドヤ顔継続中。

 

が・・

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014821j:plain

 

登る登る!

 

グングン登る!

 

 

やだなーやだなー

なんかやだなーこわいなーやだなー

 

 

予感は的中する。

 

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014846j:plain

・・。おわかりいただけるだろうか。

リフトは行っちゃいけない高さまで到達したのです。

 

奇しくも高いところが苦手な3人は急に無言になります。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014916j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501014924j:plain

 

 

しかもこのアトラクション、キャッチコピーが

『Once is never enough』

略すると

『一回じゃ足りねーぜ!』

 

 

・・・のせられた!!

 

 

 

まんまとハマっちまった! 

2回券買っちまった!!

 

もう一回これ乗んのかッ!!

 

そこは『One time is enough(高いところ嫌いな奴は)』にしといてくれ!

シンガポールは高所恐怖症に対しての優しさ無さすぎてやばい。

 

 

 

まぁお金払っちゃったから意地でも2回楽しみましたけどね。

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501015107j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180501015139j:plain

(ガクブル)

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
民泊・Airbnbランキング