民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

冒険家山川『カンボジア一人運動部vol.4 筋トレを始めて2ヶ月 その変化』

 

どうも冒険家山川です

 久々の更新になってしまいました。

 

今回は本気のジムトレーニングを始めて2ヶ月でわかったこと6選を1つずつご紹介します!

 

 

 

見た目の変化

 

残念ながらこうも本気でするつもりはありませんでしたので、開始当初の画像はありません。(これは撮っておけばと本当に後悔)

本格的なジムワーク開始から2ヶ月経った筆者の変化といえばお腹と胸です

ぷっくらお茶目なお腹が引き締まって6パックが見えてきて、大胸筋も男らしくなってきました。

それに伴って腕や肩、背中もぐんぐん成長中!

ベンチプレスのMAXが50kg〜75kgに爆上がり!ここまで来ると目指せ100kgですね。

 

目に見えて変化していて、周りの人に大きくなったと言われるほどです。

これは嬉しい!他者に認められるのはなんでも嬉しいです!

 

 

体の内側の変化

 

まず見違えたのは

・睡眠の質

・お通じ

この2点です。

 

寝つきが悪い、寝起きがスッキリしないなどが多かったのですが、これが見違えるほど改善。

もちろん食事制限をして意識的に6〜7時間睡眠をとろうとしている為もありますが、朝起きたときのお目目ぱっちり加減は山川史上最高。2度寝とか無し。

起きたらすぐ筋肉痛が来てるかチェックが入ります。笑

睡眠の質はかなり向上しました。それに比例して体も軽い!

 

お通じについては、私、そもそもロケット鉛筆型でしたので良い方でしたが、輪をかけて良くなりました。

『来た!これ拭かなくていい奴!』率が急上昇!

※お食事中の方、すいません。ちゃんと拭いてます。

あとブロッコリーまじ神です!みなさんブロッコリーはレンジでチンで食べましょう!

つまり健康にしかなりません。代謝も上がりますし、血行が良くなるので肩こりなどが抜群に改善されます。女性こそ筋トレすべきかもしれません。

 

仕事の変化

 

これは正直あまり変化は感じられません。

現状変わらず。

強いていうなら仕事にメリハリがついたということでしょうか。

2ヶ月ではそこまで望めないということですね。

ただ、悪い生活習慣から抜け出せるのは長期的に見て、仕事でも大きなメリットが出てくると思います。

 

心の変化

 

はい、この項目大事です。

まず筋トレをすると意味のわからない自信がつきます!

何に対しての自信かって?

締まってきた体と、その変化が見えることでの『自分やってる感』だと私は思います。

 

筋肉が増えれば自然と体は引き締まって行きます。

雑誌やネットで見て思い描いた自分の理想の体に近づいていくわけです。

姿勢も良くなりますから伴って今まで気にしていたぽっこりお腹が改善され、似合う服が増えて行きます。これは女性も同様ですね。

 

むきむきアピールをしたいから背筋が伸びて姿勢も良く見えます!

見た目が良くなっていくことで自然と自分に自信がついて来ます。

 

科学的には・・・

 

筋トレを行うと男性ホルモンでもある筋肉の増強を促すテストステロンが分泌されます。このテストステロンは筋肉強化以外にも

決断力を高める

冒険心を高める

活動的になる

やる気UP

 

のような効果があります。

なるほど私にぴったりです!!

 

簡単にいうと積極的になります。松岡修造化します。

なのでトレーニーは皆根拠のない自信に満ち溢れているのでしょう笑

でも大事ですね。

人生楽しんだもん勝ちです。一瞬でも楽しい時間が多いほうがいい。

 

筋トレして頭お花畑にしましょう!

 

 

日常の変化

これは前途の外見や内面の変化に付随するものになりますが、基礎代謝が圧倒的に良くなります。見違えて向上しました。

悪いものが外に出ている感じを体感できます。もしそうではなかったとしてもプラシーボ効果というやつですね。

一つ良くなったと体感したら自然と前向きな時間が増え、ストレス耐性なども精神の状態が良いが故に向上したように思います。

 

あと体重計に乗るのが楽しくなります。

当初は痩せるために始めましたが、筋肉をつけることは体重が増加すること。

下がると不安になります。

 

現在体重67kg

ダイエット開始当時より2kg増量です。

今後も除脂肪体重を増やしていく予定です。

 

 

食事の変化

 

これ・・ものすごく大事です!!トレーニングだけでは筋肉はつきません。

トレーニング×栄養×休養があって初めて筋肉は肥大化していきます。

つまり体にとって栄養とは建築資材のようなもの。

いくら良い図面(トレーニング)があっても、材料(栄養)が不足してしまうと建物は建たないようなイメージです。

 

なのでダイエットのために食事を抜く。は正しい方法ではありません。

しっかり栄養をとって、筋肉を増やして体脂肪を落とす。という精神的にストレスのかからない方法でのダイエットが一番長続きするし、成果も出ると思います。

よくいう○○をするだけダイエットとか、○○を1日1錠で-5kgといったダイエットは・・・

ライザップは良いと思います。あれも食事管理して筋トレさせられますよね?それほどに結果にコミットするとどちらも大事なんです。

 

はい、話が逸れましたが、栄養を取るはものすごく大事です。

そもそも筋トレしていなくてもビタミンや食物繊維が不足しがちな現代人ですから。

食べた食べ物で自分の体が作られているということを意識して生活すると良いと思います。

具体的に言いますと、体を大きくしたい人は

たんぱく質の1日の摂取量を体重×2g(3g)以上摂取すること

・体に栄養を運ぶ役割を持つビタミンをしっかり摂ること

・水を1日1.5L以上飲むこと(個人差あり)甘い水分はダメです

 

僕はその他にもフィッシュオイルをサプリでとったり色々していますが、基本この3つで十分に思います。

つまりと脂質の少ない肉や魚を中心に、しっかり多くの副菜から、たくさん食べて、たくさん運動するのが体にも精神にも良く、正しい方法であればドンドン自分の理想の体型に近づいていくということです。

 

あ、あと一つ食事に関してどうしても言いたいことが。

よく『外食ばかりで体に良くない、たまには自炊しないと』

というフレーズを耳にしますが、あれは偏見です笑。間違っています。

 

もちろん添加物の多いコンビニ弁当やファーストフードばかりで生活するのはよくないのですが、飲食店でもしっかり健康に気を使った食材を選んで提供しているところは数多くあります。(カンボジアでも少なからず)

むしろ自炊して体に悪いものをドバドバ入れる方が悪かったりもしますよ。

 

まとめ

 

思いつきではありましたが2ヶ月のトレーニング(最近ではワークアウトと言います)を続けてみて、良いことしかありませんでしたし、筋トレ=マッチョなボディービルダーがフンフンしてやっている女人禁止の花園みたいな固定概念がぶっ壊れました。

おしゃれなジムウェアーがたくさん売っていて、男女ともにファッション性の高いスポーツのようなイメージに変わりました。

 

健康になって、異性にモテて、生活の質が上がって、ワケのわからない自信がつくという良いことづくし。

ただしデメリットも1つだけ。

微々たるものですが、普段の生活よりサプリメント代やジムの会費、日本であれば移動費などで出費は増えると思います。

弊社オフィスは最上階にジムがあるので(ちょっと自慢w)従業員はもちろん無料で使えますし、

カンボジアではジム代を払ったとしても、全てを合計しても1万円いかないほどなので、ほかに趣味もなく、酒もタバコもギャンブルもやらない筆者にとっては傷ひとつもつけられないくらいの出費ですが、日本だと色々高いんですよね・・・物価が安いって良いです!

フィットネス好きはカンボジア移住もありかもしれません笑

裸で歩いているお兄さんがたくさんいますのでおかしくないし、海はあるし、いい体をしていると欧米圏の方にモテます。

日本から直行便が出てますし、プールなども格安でどこにでもあるので日焼けにはもってこいですよフィジーカーの皆さん!

 

面白かったらポチッとクリックお願いします。

執筆の励みになりますm(._.)m

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
民泊・Airbnbランキング