民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

やばいやばいやばい。民泊新法前にきつすぎる。

今週のお題「修学旅行の思い出」

こんばんは、民泊メール代行ZAP代表奥本です。

 

やばいやばいやばい。民泊新法前にきつすぎる。

 

 

何がヤバいでしょうか???

 

そう、毎日のブログを書く時間がないぐらい

 

忙しいのです。

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180608015351j:plain

 

 

毎日、ブログを書くと決めているのですが、書く暇がないくらい忙しい。ありがたいことですが。

 

いや、冗談はさておき、何がヤバいのか、まずはこのメッセージを見てください。

 

**************************

住宅宿泊事業法に関わる最新の状況、ならびに、ホスト様のリスティングおよび確定済みの予約への影響について、以下の通りお知らせいたします。

すべての日本のホストための住宅宿泊事業法
2018年6月15日より住宅宿泊事業法が施行されます

 

同年6月1日、国土交通省観光庁観光産業課長通知が、Airbnbを含む各住宅宿泊仲介事業者に急遽一斉に発出されました。

同通知によれば、届出番号、あるいはその他のホスティングをするための正当な理由(許認可等)がないホストの方は、既に確定済みの予約であってもゲストの受け入れが許されない旨が通知されています。

本通知に基づき、ホストダッシュボードへの届出番号あるいはその他の許認可等の記入が今すぐ完了しない場合、

2018年6月15日から2018年6月19日間にチェックイン予定の既存の予約が一律にキャンセルされます。

6月15日を目指して届出番号取得をすすめている方が多くいらっしゃるなか、ご不便をお掛けし申し訳ございません。

ホストの皆様へは、引き続き、届出手続きのサポートをご提供いたします。

 

ゲストへの影響は?

今後、ゲストの方から既存の予約について問い合わせがあるかもしれません。もしゲストを迎え入れることが難しい場合、ゲストの方に予約のキャンセルを行なっていただくようお伝えください。ゲストからキャンセルいただく場合、ゲストに対しペナルティやキャンセル料は一切発生しません。

ホストの皆様のおかげで、世界中から日本を訪れるゲストの方々が滞在が、とても快適なものになっています。現在、直近で予定されている日本への旅行に、不安を抱えていらっしゃるゲストが多くいらしゃいます。ゲストの方々に少しでも安心していただけるよう、例えば、予約できる近隣の代替宿泊施設や、ボランティアとして提供できるお部屋があることなどを、予約のキャンセルをされたゲストの方にお伝え下さい。なお、リスティングをボランティアで提供する場合、名目を問わず、一切の対価を受け取ってはなりません。

 

ホストの皆様とわたしたちが一緒にできること
Airbnbは、ホストの皆様が届出手続が遅滞なく完了するよう、いままで以上に日本政府に対して強く要請して参ります。本件に関しての進捗があれば、可能な限り情報共有をさせていただきます。

この予期せぬキャンセルの影響を受けるゲストの皆様にも、Airbnbより本件についてお知らせし、ご返金やクーポンの発行を通して、真摯に対応させていただく所存です。
既に届出番号あるいはその他の許認可をお持ちである場合は、リスティングページに記入の上、ダッシュボードにて再掲載すると、ただちに、新しい予約の受け入れができるようになります。

届出番号が未取得である場合には、できるだけ早く届出の申請を開始されることを改めてお願いします。届出番号を取得した後、リスティングページへご記入いただくことで、新規に予約の受け入れが可能となります。

リスティングを更新する
多大なご心配およびご不便をおかけしますことを、重ねて陳謝申し上げます。観光庁の通知に基づいた措置ではございますが、事態の早急な収拾に向け、引き続き、真摯に取り組んでまいります。

Airbnb Ireland UC Team
Airbnb本社より愛を込めて♥
Airbnb Ireland
The Watermarque Building, South Lotts Road,
Ringsend, Dublin 4, VAT:9827384L
ブラウザで閲覧 | メール配信設定

 

**************************

 メール委託をしたくださっている、オーナー様が受け取ったメッセージです。

6月7日午後16時32分このメッセージが、、、、。

 

 

なにが、

 

Airbnb本社より愛を込めて♥

 

でしょうか。

 

2018年6月15日から2018年6月19日間にチェックイン予定の既存の予約が一律にキャンセルされます。

 

急でしょう。急すぎでしょう。

まじで、きつ過ぎますこの民泊新法は。

 

オーナーと提携管理業者に直ぐに連絡しましたが、今後どうなっていくのでしょうか。。

 

ホテル業界はバブルと聞きます。大した恩恵だ。
これが狙いだったのでしょうか??

 

ただ、委託されている合法ワンルーム10畳が、

 

一日1万5000円

 

を超えていたりします。

 

なんだか、価格破壊というか需要と供給のバランスくるってるね。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
民泊・Airbnbランキング