民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

仲間を失わないためにぼくらができること

f:id:zeal-aspiration-partner:20191124155620j:plain


 

新卒から三年、はじめてのサラリーマン。

ヴェーハー・K・タツヤです。

 

最近、一人仲間が去っていった。

ZAPは、資金的にも人的にも余裕があるとは言えない。だからこそ、より一層仲間を失わない努力をしなければならない。

 

今日は、どうすれば仲間を失わずに済むか、その方法について考えていきたい。

 

仲間を失わないたった二つの方法

人と組織を繋ぐ方法は二つしかない。

一つは給料、そしてもう一つは楽しさだ。(実は仕事が楽というのもあるけど、この選択肢は積極的に取りたくないので、今回は除外する)

 

ZAPはまだスタートアップということもあり、一人1000$なんてとてもじゃないけど出せない。(同じようなことをやっている企業だとそれくらいが相場らしい)

 

だからぼくらは、「楽しさ」で人を繋ぐしかない。(ここで注意しなければならないのは、決して「やりがい」ではないということだ。「やりがい」という言葉は、往々にして組織が労働者を搾取する文脈で用いられる。)

 

実はぼくはここに来るまではNGOが運営するフリースクールで働いていたのだが、そこは完全に楽しさで人を繋いでいた。

 

カンボジア人スタッフの給料は180$程度、ぼくも250$くらい。

プノンペンで生活できるギリギリの額だった。ただ、それでも長く働いているスタッフも少なくなかった。

 

その理由は、子どもたちの成長を見れたり一緒に遊んだりするのが楽しいから。

それしかない。

 

そのフリースクールに限らず、NGOは大体「楽しさ」でもっている。

 

ただこの「楽しさ」というのが、また難しい。

先述したフリースクールだと「子どもたちに勉強を教えたり一緒に遊んだりできる」というわかりやすい「楽しさ」がある。

 

しかしZAPはそういった明確な楽しさはなく、雰囲気しかない。

 

「この人たちがいるからここでやっていける」

 

そう思ってもらえるように、「あったかさ」を大事にしていきたい。

 


カンボジアランキング


海外就職ランキング