民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

社長、ミッションとビジョンって何ですか?ガンディー社長が優しく教えます!

f:id:zeal-aspiration-partner:20191127182323p:plain



お世話になっております。

 

民泊メール代行業界シェア1位のZAP代表

フランス料理を屋台で食べる感覚で英語を気軽に学べることができるYouArt Academy代表

カンボジア医療・救急・防災を全力で応援する人代表(会員1名代表含む)

 

 

自分の幸せより、社員の幸せを常に願ってやまないガンディー夢みる奥本達彦です。

 

 

はい、前置きのあいさつ、そして肩書がすごく長くなりました。

 

ただ、僕の会社では「肩書は自分でつけるもの」という風にしていますので、名乗ったもの勝ちなのです。

 

あ、これ肩書じゃない??自分の自己紹介?はい、まぁなんでもいいです。

 

なんて名乗ろうが、まじめにコツコツ。

 

社員のために、そしてお客様のために働くだけですね。

 

この名乗ったもの勝ちというのは、鴨頭嘉人という宇宙一熱くるしい男も言っていますよ!元気がほしい人、寒い人はこの人の講演を聞くことをお勧めします。

 

さて、今日の話。

「ミッション」と「ビジョン」

 

ZAPもYouArtも2年目に入り、ミッション・ビジョン、会社の存在意義などいろいろもう一度考えているところです。

もちろん、会社はお金を儲けてなんぼ、社員を喜ばしてなんぼの世界なのです。

が、お金を稼ぐ以前に、僕がこの会社をやる理由、ミッション・ビジョンを再考しています。

 

ちなみに、僕以外のひとが、僕よりこの会社に時間を注いでいるのであれば、いくら自分自身が情熱をかけていても意味がない。

 

そんなもんすぐに、止めたほうがいい。

 

寝る時間も考えて一緒に居続ける。

そう、会社は彼女であり、家族。

僕は、1日16時間、1週間110時間は最低でもグループのために働いています。

 

ブラック社長じゃないか。

いや、まぁスタートアップで自らやる社長はこんなもんだと思います。 ブラック社長ではなくガンディー社長目指しています。

 

情熱あります、そんな言葉より、行動したほうが一番ですね。

 

『効率悪いやん』っていう人もいると思いますが、そんな人は今はやりの働き方改革にでも乗っかって、「スマホで簡単3秒、100万円GET」くらいのこと、やっててください。

というか、自分で会社作ってたらそれくらいになりますし、これはフリーランスの人も一緒でしょう。

 

不器用だけど、頭が悪いけど、何か本気でなしとげたい人は、このように時間を投下するところからお勧めします。

だって、誰でもできることだから!

 

眠いし、遊びたいし、、って出来ない不安がたくさんある方、僕のオフィスというか僕の「よこ」開放しますよ!

  

さて、話を戻しましょう。ミッション・ビジョンの言葉の定義から確認しておきましょう。

 

ミッション=果たすべき役割、使命、任務

ビジョン =将来のある時点で、どのようになっていたいか、構想・未来像

 

つまり、この2つを実現する手段として「戦略」というアクションが加わった形で、よく三角形の図が描かれます。

 

 

そう、いってみれば「ビジョン>ミッション>戦略」の順。

 

最終的なゴール(ビジョン)を設定していて、
そこに向かっていく上で必要になる使命感(ミッション)があって、それを具体化した方法行動(戦略)があるわけです。

 

つまり、最終的なゴールが何であれば僕らは嬉しいのか、成功なのか、というのが重要な問いであり、そのためにミッション・ビジョンがあると考えられています。

 

ただ、よく考えてください。

 

最終的なゴールって、変わりませんか?

 

人生振り返ってください。一つの会社で一生定年まで働く人、今いますか?

 

僕も、消防士⇒大学生⇒会社員⇒起業

と歩んできました。

レスキュー隊体調になってたくさんの人を助けてやるんだ!!って意気込んだ10年後には、会社を作っているわけです。

 

つまり、ゴールって常に変わるんです。

自分の人生のゴールが常に変わるのに、会社のゴールは変わらない?

そんなことないでしょ。常に変化し続けるわけですよね!

 

ゴールって、あくまで到達時点でしかなく、そこに来ればまた違うゴールがどんどんとやってくるわけです。

 

つまり一番重要なことは

「永遠に変わらない使命は何だろう」Mission となるわけですね。

 

はい、そういうわけで、僕は「ミッション>ビジョン>戦略」のピラミッドで考えています。

 

 

ちなみに、SoftBankも「ミッション>ビジョン>戦略」の順となっています。

 

https://group.softbank/corp/about/philosophy/

 

 

ちなみに、僕のグループの経営理念はこんな感じ。

 

Catch Phrase

Be zeal and aspirational with the partner.

情熱と向上心と共に

 

Mission 

Create ZAP network all over the world

世界中へZAPネットワークの構築

 

Vision

To be you loved from all over the world, to be you

世界中から愛されるあなたであるために、あなたであること。

 

Value 

Be crazy

クレイジーであれ

 

うん、われながら、最高によくわからないものを創ったなと。そして、最高にいいな。

このミッション、ビジョンで僕の性格が見えてくるかもしれませんね。

 

僕はミッションもビジョンもあえてあやふやにしています。もちろん、「大人に雇用を、子どもに教育」というものは、一つのビジョン、ゴールではあるんですが、常に今それをやってるんですよね。

この辺りの想いは、ZAPのHPをご覧ください。

 

だから、やってないことをビジョンにしたい、つまり抽象化しかないんですよね。

 

 

ミッション・ビジョンというのは組織を形成するうえでとても重要です。しかし、それ以上に最初は、

 

やってやってやってやりまくる。

 

この行動が大事です。
なぜかって?

 

新しく起業した会社の生存率はだいたい以下の数値らしいので。

 

1年後:50%

3年後:30%

5年後:15%

10年後:5%

20年後:0.3%

30年後:0.02%

 

負けねぇよ。

 

Be crazy クレイジーであれ。

 


カンボジアランキング


海外就職ランキング