民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

那覇市、民泊規制を拡大する。

民泊メール代行ZAP奥本です。さて、少し前のニュースですが、結構ZAPにとっては悲しいニュースが入って来ました。

というのが、この度那覇市の民泊の規制が拡大されてしまいました。那覇市でも民泊メール代行の物件をマネージしている側としては、キツいです。これにより、悲しいですが結構な数の大家さんに影響を与えてしまいますね。

まずは、ニュースを見てみましょう。

 

mainichi.jp

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180506013343j:plain

 

記事によると、以下のような規制が新たに加わったとのことです。

・規制区域を、県条例で定める範囲+文教地区+第1種住居地域までに拡大。

・年間営業日数を110日までに制定。

・第1種住居地域で営業する家主、管理業者不在型の民泊の年間営業日数を、日曜日正午から金曜日正午までの年間約110日にまで。

第1種住居地域の、家主居住型や管理業者常駐型の民泊は、法律の要件を適用し年間180日。

学校敷地周囲100メートル内とする県条例にプラスして、学校の休業日を除く年間約120日が営業可能日。

 

 

 

なぜ、民泊の規制範囲を広げたかというと、やはり住民トラブル、苦情の増加が原因ということです。「地域住民の安心安全を最優先した内容」というのが、市の担当者よりこめんとされています。

 

うーん。色々とコメントしたいのですが、もちろんここで反論したって決まったこと(正式には5月9日の議会をもって決まる予定)に対しては何も言えず、それとどう付き合っていくかが大事です。ということなので、僕が沖縄に行った時の時の話をしましょう!いや、といいながらも、最後は少しお願いか笑

 

今まで沖縄には6回行ったことがあります。家族旅行、友人との旅行、友人の結婚式の参列、、、。などなどそのどれも素晴らしい旅でした!ホテルを使った旅、カウチサーフィンを使った旅、友達の家にあがりこんで雑魚寝でわいわい騒いだ旅。そのどれもが素晴らしい経験で、今でも鮮明に覚えています。

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180506013421j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180506013238j:plain

f:id:zeal-aspiration-partner:20180506013209j:plain

 

 

で、何が言いたいかというと、僕がこの6回の沖縄旅行で感じたことは、

 

やっぱり沖縄は素晴らしい

 

ということです。何がいいのか、と具体的に述べるときりがないですが、総括して素晴らしいんです。そして、また行きたくなるんですね。

もちろん、規律の上でルールの中で楽しく遊びましょうという原則はわかります。

ただ、他県出身のものでも、沖縄のすばらしさやとりこになってしまうんですね。そんな素晴らしい沖縄を日本中の、世界中の人たちに知ってほし、いいところをシェアしたい、という純粋な願いがいいように行ってほしいなということですね!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
民泊・Airbnbランキング