民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

海外の民泊事情。タイの民泊事情はどうなっているのでしょう!

 

お世話になっております、民泊メール代行ZAP代表奥本です。
さて、今日のニュースは、われらがカンボジアの隣国、タイの民泊の話題です。

あ、カンボジアとタイが隣国だと、知らない方も多いと思いますので(いや、冗談でなく、カンボジアってどこにあるの、としょっちゅう聞かれるんです)

ちょっと、タイの位置を見ておきましょう。

 

 

 

 ここですよ!タイとカンボジアの位置!そして、カンボジアアンコールワットだけではないので、ぜひぜひ遊びに来てくださいね(^^)/

 

はい、話がそれました。それでは、タイの民泊について、まずはこのニュースを見ていきましょう。

news.livedoor.com

 

 

 

 

はい、そうですね。

この記事のポイントです!

1.タイも民泊がある。

2.タイにはホテル法があり、1日or週単位のアパートやコンドミニアムの貸し出しが禁止。

3.バンコクの築5年以内のコンドミニアムはほぼ100%、中国人オーナーによる『民泊』がある。

4.タイ人から見て外国人は土地は購入不可だが、コンドミニアムの一室は購入可能。

5.民泊(中国人)のマナーが問題。

 

そうですね。

タイの民泊のことを言いたいのか、中国人のマナーの悪さを言いたいのか、と分からなくなっているような文章ですね。

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180828010333j:plain

まぁ、一言でいうと、

タイでも違法民泊がみられて、取り締まりができていない状況、という感じですね。

そして、違法民泊先は中国人オーナーで、お客さんは100%中国人。

 

とまぁ、カンボジアでも似たような光景の話ですね。

ただ、どうなんでしょうか。

カンボジアコンドミニアムは、週1or2回で掃除突きで、いつもきれいに掃除されています。また、お隣や上階が多少うるさい、というのは結構普通で、それはもう多国籍のひとたちで暮らすので、結構普通だと思います。

 

また、多くの中国人のマナーが悪いのは確かです。カンボジア人も、一般的に日本人のほうが好きなのは好きです。ただ、そこまで目を見張るほどなのか、というとそれもそれで疑問です。

 

そして、中国人民泊は中国人しか受け入れない、というように、

 

中国人が買うコンドミニアムの多くは、中国人のお客さんのみが多かったり、そもそも中国人街の中にあったりで、問題にならないのでは?と、疑問点も多々わいてきます。

 

ということで、この記事からは、結論として、

 

ルールを守っている人からして、違法民泊をしている人へのひがみが多い

 

ということが、見えてくるのではないでしょうか。

まぁ、確かに法律のルールは守らないといけませんね。
ルールを守ったうえで、楽しく経済を回していく方法を考えて実行していきましょう。

 

あー、中国人マーケット。欲しいぃ