民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

なぜあなたはZAPを選ぶべきか ZAPが面白い4つの理由①

民泊メール代行ZAPの代表奥本です。

 

少し今日は挑戦的なタイトルにしてしまいましたが、やっぱりZAP面白いんですよね、自分で経営していて。毎日ワクワクドキドキしていてとても新鮮なんです。民泊のメール代行をしている会社以前に、会社としての在り方をこんなに本気で考えている集団であって。

 

そこで、これからはシリーズに分けてなぜZAPを選ぶべきか説明をしていきたいと思います。ZAPが面白い理由をPCでは右隅に、携帯からは底に書いているこの

1,圧倒的優秀な人財を直接雇用 
2,多言語マルチチャネル 
3,社会貢献 教育と雇用の一体化
4,業界最安値 

これですね。

 

まず、今日は1,圧倒的優秀な人財を直接雇用 について説明していこうともいます。

 

ZAPが面白い4つの理由①ー圧倒的優秀な人財を直接雇用ー

 

f:id:zeal-aspiration-partner:20180406011007j:plain

 

さて、以前もブログで書かしていただきましたZAP人財の一部スタッフたちの事。

4ヶ国語を話す、タイや、、

www.zapartner-kh.com

メコン流域若手起業家選手権で優勝したチュンや、、

www.zapartner-kh.com

 

その他大勢の優秀な人財がZAPにはいます。

このZAPのレベルの高い人財をどうやって確保しているかというと以下の通りです。

 

厳しい書類審査及び英語テストを通過したもの(現在スタッフはカンボジアの東大 

 RUPP出身もしくは、海外大学出身のスタッフで構成)

・奥本が1人1時間以上かけ直接面接を行うこと

・1カ月間のお見合い期間を設けること(3ヶ月の研修期間を除く)

・既存スタッフ全員の承認で初めてスタッフになれること

 

厳しい書類審査のことを言うと、私は以前のサラリーマン時代から含め、500人を超えるカンボジア人を面接してきました。カンボジアるあるですが、

 

Dear Sir/Madam

------------ZAP-----------------

---------------------------------

Sincerely ,

 

で終わっているような、テンプレートしか使っていない人やカバーレターがない人、

 

thx、thank u、i wana work coz  u r japanes 

 

など僕らは、あなたの友人か!っていう人は書類アウトをしています。これを厳しいのか??っていう突っ込みもあると思いますが、まだまだ残念ながらこういうほうが圧倒的に多い

一次書類審査後は、英語の文法チェックなどの書類審査が待っているということで、結構、一苦労です。そんなことをしてると、普通に面接に進めるスタッフは限られてきます。もちろん、通過した人にもまだまだ色々と伝えないといけないことも多いですが、基礎基本が出来ている人ばかりです。

また、既存スタッフ全員の承認で初めてスタッフになれることも面白いポイントの一つだと思います。

面白いと思ったスタッフが面白いスタッフをとっていく、面白いやつの集合体がZAPだと思います。

チュン・タイのような特出した、THE優秀な人財だけでなく、自分でNGO作ったり、ニュースサイト作ったりと、語学だけでない”意識高い”人たちが多いと思います!

 

 

また、ZAPスタッフには、福利厚生を充実させており例えば、

・英語学校YouArt Academyの無料受講

・傷害保険の加入

・事務所での寝泊まり自由にし、仕事明けにAirbnbやカウチサーフィンを通じリアル民泊を行い、ゲスト共に民泊談義

 

 

 

などなどこんなことをしてます。

いやー面白い。僕が就活してたら、こんな会社に入りたい!と思うことを、少しずつやっています。ちなみに、僕はリクルートスーツも着ずに就活し、トビタテ留学JAPANの事後研修会後の、ノーネクタイひげ面ミーティングで会社決めたので、就活らしい就活はしていません。だから、別に面接でネクタイで来る必要はないし、やる気とポテンシャルを感じたら、研修に移ってもらってます。

 

さて、最後に今日は、とあるニュースを見てとても考えさせられたこので、それを伝えたいと思います。まずはこの記事を読んでみてください。www.mag2.com

 

日本では民泊規制が強く、違法民泊する在住中国人しか残らないんじゃないか、という懸念のなかで、”観光庁は、市場を席巻したヤミ民泊をなくし、民間企業の新しいビジネスで健全な市場を築いていく”

ということを書いていました。

 

確かに僕らZAPも、民間企業の新しい形として、民泊メール代行を通じ、民泊を盛り上げる手伝いをしています。民泊という個人が主役のシェアリングビジネスを陰から支えている状態です。しかし、これを忘れて、ただ儲けだけを追求していていれば、本当に大切なシェアリングという概念が壊れてしまうのではないか、という懸念からも事務所をオープンにしてスタッフ自ら毎日小さな気づきをしてもらっています。

日本側としている仕事は民泊メール代行という表になかなか見えないことかもしれませんが、これらを通じ、僕らは少しでも多くのZealでAspirationなホストとゲスト共にPartnerになっていきたいと思っています。

そして、まだまだ面白い仲間を募集しています!我こそは、とおもう方はどしどし連絡ください!

 

ZAP 代表 奥本達彦

連絡先

☎(050) 5532-3004日本 +855 96338 8705カンボジア 
Email: info@zapartner-kh.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
民泊・Airbnbランキング