民泊メール代行をどこよりも安く、速く、熱く!

ZAP Zeal Aspiration Partnerはカンボジアを拠点に、民泊メール代行をしています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、クメール語の7ヶ国語に対応し、業界最安値でサービスを提供します‼

給料を手渡しでもらって「カンボジアで雇用創出」の意義を感じた

f:id:zeal-aspiration-partner:20191110233710j:plain


 

ここで書くのは初めてになります。

最近ZAPに入社したヴェーハー・K・タツヤです。

ほかにも日本語教師とかライターとかカンボジア研究とか、やってます。

 

今日はZAPが掲げている「カンボジアで雇用創出」の意義を、給料日でぼく自身が感じたという話をします。

 

お金が生活に与える影響

ZAPに入社する前からカンボジアに住んでいたのだけど、本当にお金がなかった。特にZAPに入社してから給料日までの間は。

 

給料日まで残り20日もあるのに残金30$(約3000円)しかなかった。一日2$も使えない計算だ(社長のたつさんから30$もらって一日2$になったけど、でも2$…)。

 

だから毎日ひたすらパスタをすすってた。

夕食もあまり食べず、食べてもパンひとつとか。

 

そんな日々を過ごし、ようやく給料日を迎えた。

 

給料をもらったぼくは早速自転車を買うことに。

いつも毎日歩きだったから、自転車があるだけでまるで自分に翼が生えたよう。

 

そのとき、お金が生活に与える影響の大きさを改めて感じた。

一日違うだけで、今まで歩きだったのが飛べるようにまでなったのだ。

 

カンボジアで雇用を創出する意義

元々の有り金が少なければ少ないほど、1円あたりの価値は大きく、幸福度にも多大な影響を与える。

 

もちろん、経済的な豊かさと精神的な豊かさは別もの

と言われるけれど、それはある水準以上のお金を持っている場合の話だ。

 

明日のごはんすら怪しい状態で、どうやって精神的充足感を得られるんだろう。

 

この状態にある人々に、雇用を生み出すことで改善する。

 

それがカンボジアで雇用を創出する意義。

 

お金は栄養と一緒で、それだけあれば幸せになるわけではないけれど、ないと生きていくことすらできないから。

 


カンボジアランキング


海外就職ランキング